FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

栃木雑学+1 殺生石 日本経済新聞栃木版

9月4日の日本経済新聞の栃木版の地域面に殺生石が載っていました。
9月4日日本経済新聞栃木版


栃木県那須町にある「殺生石」(せっしょうせき)はなぜ、そんな恐ろしい名前で呼ばれているの?
当館から歩いて5分ほどの殺生石。我々地元人は普段から聞き慣れているのであまり違和感はありませんが確かに初めて聞く人は恐ろしい名前に感じるかも。

九尾伝説でインド・中国で悪さをして日本までやって来て最後は那須のが原で退治され死んだあとは石になってもまだ毒気を吐いて近寄る動物たちを殺し続けたと言う話です。 最後は玄翁和尚に大乗経をあげられると石は三つに飛び散りその一つが殺生石ということです。

今でも若干の亜硫酸ガスが吹き出していて玉子の腐敗臭がします。30年くらい前は蒸気も噴き出していましたが今は臭いだけです。

九尾伝説の話は当館で11月5日(金)に那須の語り部と白面金毛九尾狐太鼓の夕べがありますのでそのときにじっくりと聞くことができます。
無料公演なので20時に当館のロビーに来て頂ければ宿泊以外の方でも観覧できます。(席数には限りあり)

また松尾芭蕉もこの地で「石の香や 夏草赤く 露あつし」と句を呼んでいますので、臭いと、焼けた草、地熱により温まった水分を感じたのでしょう。

玄翁和尚の玄翁は金槌のげんのうの由来と言われています。

近いのでご来館の際は足を運んでみてはいかがでしょう?

栃木県那須温泉 栃木にごり湯の会 会員の宿
鹿の湯源泉かけ流しの宿
松川屋那須高原ホテル


ランキング参加中です。
あたたかき一票をお待ちしています。

スポンサーサイト



プロフィール

鹿の湯源泉かけ流しの宿 松川屋那須高原ホテル

Author:鹿の湯源泉かけ流しの宿 松川屋那須高原ホテル
栃木県那須温泉
とちぎにごり湯の会 会員

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ツイッター